Message ~ナレッジケースからのメッセージ~

- 企業のIT化を「最適な手段で・身近なところから・実現可能な範囲」で一緒に創りあげます -

IT投資の本当の目的を考え、ITを便利に活用していただける結果を残すことがナレッジケースです。
ITは幅広く定義されている為に、多様な形があります。その中で無駄にならず、コストと効果のバランスを取りながら、何を利用すればいいのか、どこからIT化を進めるか的確な提案を行います。
企業の立場を取り、経営戦略からお聞かせいただき、将来のIT像を一緒に描くことで企業の目指すところへ効率よくIT化を進めます。
例えて言うなら、弊社は企業内のITシステム部門であり、弊社担当者はシステム部所属の社員と考えていただければわかりやすいと思います。

社員であるからこそ、自社のことを考え、今すべき事ではないと考えるなら「NO」とお伝えする。
弊社はこのような関係を目指しています。

- 3つのサービス軸 -

3つのサービス軸図
IT活用支援:貴社のIT活用状況を、色々な視点から分析し、より効果の高いIT活用を実現していきます。 戦略立案支援:現状の把握、そして将来のあるべき姿を描き、そこに達するための課題を明確にし、ぶれない経営を支援していきます。 IT導入支援:現場の声とITの橋渡しを重視したプロジェクト推進を支援していきます。

- バランスのとれたビジネス環境構築のために -

ナレッジケースではビジネスは人間系の業務を基本と考えます。また、経営戦略と人間系業務の整合性もビジネス力強化のためには不可欠だと考えています。経営戦略と人間系業務を置き去りにしたIT導入はまず失敗すると考えて間違いありません。

ナレッジケースはその企業の培ってきた文化やノウハウを最優先に考え、IT環境だけ突出させることなく、経営戦略と業務プロセス、そしてIT環境の3つのバランスがとれたサービスをご提供します。

バランスのとれた状態

Beginning ~社名の由来~

ナレッジケースロゴ

- ナレッジケースとは? -

"ナレッジケース"とは『知恵/知識の器』の意で名づけました。
この知の器を『CHI-KI』と読ませ、以下の3つの意味を込めました。

知器…知(知恵/知識)の器としての役割を社会的に果たす
知己…昔からの友人のように、長いビジネスパートナーとして
稚気…いつまでも遊び心、探究心は忘れない

Profile ~会社概要~

会社名 株式会社ナレッジケース (Knowledge Case Inc.)
代表者 山本 篤志
所在地
 
〒103-0006
東京都中央区日本橋富沢町5-4 ゲンベエビル6F
設立 2009年12月
資本金 1,000万円
決算月 5月

Access ~会社地図~

東京メトロ日比谷線「人形町」 徒歩5分

都営新宿線「馬喰横山」 徒歩7分

都営新宿線「浜町」 徒歩7分

都営浅草線「東日本橋」 徒歩7分